オープンラボ

市場が目まぐるしく変化し、様々な製品/サービスが次々に開発される現在、経営資源の最大化、相乗効果を得ることを目的に、産学官連携、企業間連携、顧客との価値共創等、オープンな組織形態による従来とは異なるアプローチが模索されています。 robobakkonは、ロボットの製品開発、事業の加速化、また、製品評価、品質改善、顧客満足度の向上等の課題解決に向け、善的マーケティングの「リレーション深化モデル」を基とした顧客との新しい連携形態(コミュニケーション環境)を始め、複数企業や組織によるオープンラボアプローチを企画、推進します。

「顧客」「製品」「企業」リレーション深化モデル

Step Relation Communication
1 顧客満足度が高く、顧客を虜にし、顧客に愛されている製品 製品情報
2 顧客の利用価値の観点から希求されている製品 情報共有、基本価値
3 顧客の利用目的に貢献し、効果を促進する製品 知識共有、付加価値
4 個客の利用目的の高度化に対応する製品 個別情報・知識共有、最適価値
5 個客の利用目的の達成、ユーザ体験を提供する製品 活用ノウハウ、口コミ、レビュコメント
6 個客ごとに製品利用価値の最大化を希求し続ける企業 新製品個別情報・知識共有、最適価値

共進コミュニケーション(Co-Evolution Communication)

顧客との新しいコミュニケーション環境を構築し、製品評価、問題解析、改善情報を共有化、顧客満足度、ロイヤリティの向上を図ります。

MARKETERS PRODCTION

オープンラボに欠かせない各製品/サービス分野の市場や技術に精通した経験豊富なマーケターをプロダクションとして組織化。ファシリテータとして様々な製品開発のオープンラボをリードします。
マーケターの各プロフィールは、こちらをご覧ください。
ページTOPへ
Copyright©robobakkon All rights reserved