About us

 

HOME > About us > 女性マーケター感性チーム

各ワークショッププログラム

robobakkonでは、新商品開発、アイデア開発のために、各製品/サービスに精通した経験豊富な女性マーケターの専門チームによるサービスを提供しています。女性ならではの感性と直感力を武器に新たな視点から大胆にサポートします。

女性の感性を生かした商品開発の変遷

各年代の女性による商品開発の傾向と変遷は以下の通りです。

年代 商品の傾向、変遷
1980年代
女性スタッフによる新製品開発が相次ぐ
加熱時間を記憶できるオーブンレンジ、画面の色を好みの単色に変えられるテレビ、録音機能なしのラジカセ、ダニ取り用掃除機。(電通広告景気年表より) ファイブミニ(女性発想で成功した商品の代表格)は、女性の研究者3名の手により、手軽で画期的な飲みやすいセンイ飲料として1988年に誕生。この頃、消費者研究専門の研究所が多く開設されました。
1990年代
技術主導に風穴を開けた
iモード
松永真理さん発案で、携帯電話からインターネットに接続し、種々のコンテンツを提供するサービスとして成功。技術主導で開発を行っていた分野に、女性が、全く異なった視点で新たな市場を開拓した典型です。
2000年代
ネット上の主婦の意見を反映
ネットでCGM(Consumer Generated Media)と言われる一般人の発信や、コミュニティでの意見が増殖。ベネッセコーポレーションでは650人の主婦ブロガーによる情報発信と交流で賑わうwebサイト「口コミサンキュ!」で企業とコラボ。ローソン女子パン部等を開設。
2010年代
女性開発の商品が拡大
ビールやクルマなど、女性中心の購入商品に限らず、幅広い分野で女性が発想したり、プロジェクトメンバとなったり、女性チームで開発をした商品がヒット。

商品開発における女性感性の特性

女性の購入関与度や利用度が高い商品の開発においては、女性が開発プロジェクトに参画する場面が増えていますが、現状ではプロジェクト内での女性の役割は必ずしも明確ではありません。ここで、改めて、女性感性の特性をメリット/デメリットの視点から整理します。

女性マーケターの視点 メリット デメリット
生活目線から発想する 競合他社や自社の状況や製品の変遷等に囚われず、身近な生活目線を軸に、自由に発想できる。 自社のリソースが活きない、また原価も見合わないと、消費者的な発想に見えてしまう。
既存の方法に拘泥しない 技術ありき、従来の開発アプローチありきでない視点による仮説から、画期的な製品を発想できる。 技術を知らず、素人の域を脱していないので、手段にまで落とし込めない。
感情を読み取るのが得意 論理を超えた感性、感覚的な要素を読み取る力から、技術優位では気づかない、製品の魅力や価値を発見できる。 ロジックに落とし込めないので、経営者や技術者が理解できない。
人のしあわせがゴール 市場シェアや利益、競争優位等の企業のゴールでなく、人がしあわせになる(QOL)視点をゴールに発想できる。 社内の都合や必要悪を受け入れにくいため、理想論で終わってしまい、実現性に乏しい。
ユーザ視点の共感力 共感力の強さから、ユーザ意識をしっかり掴むことでより本質的なニーズや本人も気づいていない潜在ニーズに迫れる。 女性が関与の少ない商品だと、発想に限界が生じる。(B to B商材、男性用や特殊なユーザの商品)

特性を集約すれば、女性が、組織に捉われず、技術も意識しないことで生まれる自由な発想は貴重であるものの、具体的な仕様に落とし込めず、結果アイデア倒れに終わってしまうことが多いと捉えられています。

女性感性アプローチの真価

  • 女性感性の特性を真に活かすには、一見突飛と映る女性の自由な発想、アイデアを、既存の技術とビジネスモデルのロジックに“丁寧に翻訳する(紐づける)作業”、それを担う体制が求められます。この翻訳(紐づけ)作業は、やや大袈裟ですが、今までの商品開発には無かった未知、異次元への跳躍です。
    女性が開発に関わっても、この作業を疎かにしたまま開発を進行した場合、開発プロジェクトの頓挫や、中途半端な商品開発に陥る場合が多々あります。 もろ刃の剣である女性の商品開発ですが、5つの特性が示す通り、商品開発において女性の感性が活きる場面は、機能などのハードよりも、コンセプトやニーズ、シーンなどのソフトに優位性があります。つまり、新たな視点で商品の入口であるコンセプトと出口の価値(ニーズ)を押さえる点にその真価が発揮され、とりわけ革新的な新製品のコンセプト開発に威力を発揮します。