分析フレーム

 

HOME > 分析フレーム > バリューチェーン/エコシステム分析

バリューチェーン/エコシステム分析

動的、かつ柔軟なビジネスモデルの希求

市場の成熟に伴い多くの企業は成長が鈍化し、経営資源の選択と集中が進む中、各業界ではM&Aが活発になっています。今、成熟化、寡占化する市場情勢にあって、その閉塞感を打破し、市場を活性化する『次なる段階の製品』が登場するか問われています。

バリューチェーンのデザイン力

多様化する顧客ニーズにあって市場を活性化させる新製品をタイムリーに開発、提供するには、Tier1サプライヤーを含む開発体制等、事業ごとにフレキシブルなバリューチェーンの設計、持続可能なエコシステムの構築が不可欠です。日本では以前より系列や下請け構造のバリューチェーンが存在しますが、主に垂直的なサプライチェーンであり、各社の技術は親会社の要求を満たすことが最優先され、その技術は必ずしも水平展開が容易ではありません。
製品ライフサイクルの短命化に伴い、バリューチェーンの形態もクローズからオープン型へ、技術、ノウハウ活用はストックからフロー型への進展の必要性に迫られています。
robobakkonの「バリューチェーン・エコシステム分析」は、マーケティングチャネルとサプライヤーチャネルを可視化することで、タイムリーな分析、再設計を実現、バリューチェーンのデザイン力を高めます。

Thinking
バリューチェーンからエコシステムへ
マーケティングチャネルとサプライヤーチャネルのバリューチェーンは、オープン型を指向することで、より多くの企業、利害関係者間との取引によるビジネスエコシステムを形成します。
ビジネスエコシステムの形成は、企業、利害関係者間との取引コストをインターネットで軽減することで加速します。