デザインアプローチ

 

HOME > デザインアプローチ > デザインプロセスマネジメント

デザインプロセスマネジメント

新製品の開発プロセスとチーム体制

新規市場を対象に新製品を開発することはアンゾフの成長マトリックスでも、もっともリスクの高い(成功確率の低い)ものと位置づけられています。
既存製品の開発(改善)プロジェクトは、開発部門主導で実施され、開発プロセスはほぼ定式化されていますが、新製品開発の場合は、事業性、市場性の観点から経営企画部門やマーケティング部門等を交えた体制が組まれ、作業が多岐にわたり長期間の取り組みとなることでプロジェクトのハードルが一挙に高くなります。

開発プロセス&チームマネジメント

robobakkonは、新製品・事業開発のプロジェクトが円滑に進行できる様、開発プロセスをWBSに準じた作業単位に分解し、各作業内容、分析・デザイン手法、成果物、並びに担当者のスキルを規定することで、実際的な開発計画とチーム編成による運営マネジメントを推進します。
競合他社の動向や市場環境の変化等、プロジェクトに影響する要因が発生した場合も、WBS単位で影響度を把握し、適時の変更、追加が可能です。

Thinking
「破壊的(市場創出商品)イノベーション」の妙味
デザインプロセスを明確にすること(手段)=市場創出商品(目的)を生みだす ことにはなりません。 最適な手段+スキルフルなメンバ+時世時節 =目的達成 の解に近づきます。
オープンイノベーションを標榜し、外部組織との共創開発が取り組まれて5年余りが経過し、その成果が問われ始めていますが、破壊的イノベーションが人知を超えた領域に思われるのは、時世時節の妙味にあるのかもしれません。