分析フレーム

 

HOME > 分析フレーム > 社会・市場環境/事業ポートフォリオ

社会・市場環境/事業ポートフォリオ

社会・市場環境の変化

  • 自動運転車、AIやロボット等の先端技術に市場は活況を呈している様に映ります。一方で、成長が鈍化した社会では シェアリングエコノミーに代表される、消費傾向の「モノ」離れ、「コト」の価値観が台頭しつつあります。
    この様な社会・市場環境にあって、人と仕事のあり方もこれから大きく変化すると予想されます。

  • 事業ポートフォリオの対象領域

    事業(技術)×市場(価値)×社会(時間)と変動要素が増えるほどに、製品・事業ポジションを的確に把握する必要が高まり、革新的技術、人の価値観、時間の堆積の変化を利してポジションを移動すること、変化に適合しつつポジションを維持すること等、そのコントロールは重要です。
    robobakkonは、「事業ポートフォリオ分析」を、“技術”、“価値”、“時間”の要素を加えたスコープで捉えることで、製品・事業の現状評価、ライフサイクル予測、そして『次なる段階の製品』の機会発見に迫ります。

Thinking
コア製品・事業の5年後、10年後
このスコープを通して、貴社の製品・事業の将来はどの様に見えるでしょうか。成長~衰退期のいずれのポジションに位置しても、その変化はいままで以上に早いかもしれません。
競合他社との僅かな差が、決定的になるかもしれません。